Column

今さら聞けないNFT。NFTアートと仮想通貨の関係とは?

Aikawa Takuto

シナリオライター/Webライター/デジタルアーティスト 東京を中心にアート・クリエイティブ事業を展開。ライターとしては、年間1000記事以上を執筆。 映像作品の脚本制作・ディレクションや、雑誌・広告などのヘアメイクに従事。現在は、文筆業と広告事業を軸に活動しながら、デジタルアート作品制作に取り組んでいます。

 

2020年に大ブームを巻き起こした「NFT」。当時に比べると、NFTに対する熱量は下がった、と考えている方は、多いのではないでしょうか。

 

一方で、NFTの安全性をなんとなく理解して「今からNFTをはじめたい!」と、新たな市場に挑戦したい作家・アーティストも少なくありません。

 

本記事では、一世風靡を巻き起こした「NFT」について解説します。

NFTの意味や仕組み、NFTをはじめるメリットについて再度理解したい方は、本記事を参考にしてください。

 

NFTとは、そもそもナニ?

NFTとは、そもそもナニ?

 

まずは、NFTの意味を理解しましょう。

 

NFTとは、Non Fangible Tokenの略語です。日本語では「非代替性トークン」といわれています。

簡単に申し上げると「交換できないなにか」という意味です。

 

とはいえ、「NFTは非代替性トークンです」といわれても、理解できないですよね。「非代替性」はNFTにおいて非常に重要なので、頑張って理解してください。

 

(なるべく簡単に解説しますので…)

 

非代替性トークンとは

 

先述したように、非代替性トークンとは「交換できないなにか」です。近い例をご紹介します。

 

たとえば、あなたが持っているスマホと、すれ違った方が持っているスマホを交換するなんて、ありえないですよね。

 

一方で、あなたが持っている1,000円札と、すれ違った方が持っている1,000円を交換しても、問題はありません。

 

前者では、スマホの価値は人によって異なるので、他人の交換はできません。(非代替性)

しかし、1,000円札は他人と交換しても価値が変わらないので、交換できます。(代替性)

 

非代替性トークンとは、他人と交換できないトークンです。

 

つまり、デジタルデータに所有権をつける技術が「NFT」ですね。

 

とりあえず、NFTとは「他人と交換できないナニカ」と認識してくれたら、まずはOKです。

 

※トークンの定義は、かなり難しいのです。たとえば、暗号資産(仮想通貨)のビットコインやイーサリアムなどは、代替性トークン(交換できるトークン)です。

トークンについての解説は長くなるので、別の記事で詳しく解説します!

 

じゃあ「NFTアート」ってなに?

 

NFTは技術(テクノロジー)を意味します。なのでNFTアートとは、NFTの技術を活用した、価値のあるデジタルデータのことです。

 

2020年には、イラストのNFTが高額で取引されて「わたしも出品したいなぁ…」と思った方は多いでしょう。しかし、イラストに数千万円の価値が付くのか、理解できていない方も多いでしょう。

 

イラストに数千万円の価値がつく理由こそ、イラストが「非代替性」という価値を持っているからです。

 

NFTのイメージがつきにくい方は、下記の画像を参考にしてください。

 

NFTアートの解説

 

あなたが作成した写真やイラストを、NFTを販売しているWebサイトに登録すると、作品に「所有権」(のようなもの)が付与されます。

 

付与された所有権は、この世界で唯一無二の存在です。

といっても、かなり複雑ですね。

 

簡単にいうと、作品の証明書が発行されるイメージです。

 

つまり、NFTにしたデジタル作品には、オークションなどで発行される「証明書」が付くので、作品の所有者が誰なのか明確になる、ということです。

 

NFTを介して「証明書」が発行されたデジタル作品を「NFTアート」とよびます。

 

NFTと暗号資産(仮想通貨)の関係は?

NFTと仮想通貨の関係は?

 

NFTを購入するには、暗号資産(仮想通貨)が必要です。NFTマーケットプレイスでは「イーサリアム」という暗号資産が一般的に使用されています。

 

近年では、日本円で購入できるNFTマーケットプレイスも少なくありません。

 

ただし、利用者の多い「Open Sea」などの海外NFTマーケットプレイスは、暗号資産(仮想通貨)が主流です。

 

海外の方々に自分の作品を見てもらいたい方は、イーサリアムを用意しましょう。

 

NFTアートとは、証明書が発行されたデジタル作品

NFTアートとは、証明書が発行されたデジタル作品

 

本記事では、NFTの意味や性質、暗号資産(仮想通貨)との関係について、簡単に解説しました。

 

NFTの市場は拡大しているものの、NFTに挑戦する作家やアーティストは、まだまだ少ないです。世界のアートファンに作品を見てもらえるチャンスでもあるので、気になる方はNFTの世界に飛び込んでみましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Aikawa Takuto

シナリオライター/Webライター/デジタルアーティスト 東京を中心にアート・クリエイティブ事業を展開。ライターとしては、年間1000記事以上を執筆。 映像作品の脚本制作・ディレクションや、雑誌・広告などのヘアメイクに従事。現在は、文筆業と広告事業を軸に活動しながら、デジタルアート作品制作に取り組んでいます。

-Column

Copyright © WORLD TIMES , All Rights Reserved.